舞台の稽古場で・・・パールシュバコナーサナ

朝、太陽礼拝を出来ずに稽古場に出かけ、稽古場でちょっと練習していたら、側で見ていた先輩俳優が、「俺も体伸ばしとこう」って言って見よう見まねでパールシュバコナーサナを・・・むっちゃ綺麗に両体側が均等に伸びている!前にも後ろにも体が倒れてない!(ヨガ経験無い方です!)
「えーすごい綺麗にポーズとれてますよ。体側が折れちゃう人が多いんですよ」って言ったら、「俺、体硬いから逆に曲げようと思っても曲がんないよ」って言われて、そうか〜やっぱりポーズの難しさは人によって違うって、頭で分かっているつもりでも、こうやって、目の当たりにしていかないと本当の理解には繋がらないなぁと・・・良い勉強になったのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください