アレルギー性鼻炎で、喉風邪をひきやすかったのを克服

こんにちは♪
花粉症が辛い時期になりましたね〜

私は、小学生の頃からアレルギー性鼻炎。
社会人になった直後から花粉症になりました。
一年中、鼻が詰まっている事が多かったので、気がつけば常に口呼吸。

鼻づまり→口呼吸→喉が荒れる→でも口呼吸→風邪をひく

このパターンで、毎年同じ時期に必ず風邪をひいてました。

でも!

今は、それも無くなりました♪

鼻炎や花粉症が治ったわけではありません。残念ですが・・・

症状が、軽くなったんです。

その方法は、

鼻呼吸 です! 

「なーんだ」と思ったでしょ?

私も自分で体験するまでは、鼻呼吸とか言われても、「鼻詰まってるからムリー!」って思ってました。
寝てる間は、コントロールできないし・・・

鼻呼吸のクセ付けが出来たきっかけは、ヨガでした♪
ヨガは鼻で吸って鼻で吐くのが基本。

「鼻詰まってるからなぁ・・・ん? 通って来た・・・」

自律神経が整うからか、身体を動かすからか、意外と鼻で呼吸できるんです。
あとは、起きてる間はとにかく鼻呼吸を意識して、鼻が詰まってるとヨガの練習をしてました。
何となくの鼻呼吸ではなく、ヨガの深ーい呼吸が良かったんだと思います。
「今、鼻使ってるよ!」感が(笑)
次第にクセ付けが出来て、寝ている間も鼻呼吸になりました。

ヨガの練習をするようになってから、息が出来ない程の鼻づまりは無くなりました。(花粉症の季節はたまに朝起きると喉が乾いてる時が有りますし、アレルギー性の鼻水は出ます)

今思うと、「鼻が退化してたんじゃないか」って思います。
私の鼻、YDK(やれば出来る子)でした(笑)。
使って無かっただけなんですね。

まさに、鼻の運動不足!

もう花粉症の時期に突入してしまったので、これから鼻呼吸練習は難しいかもしれません・・・
花粉症が収束したら、次の時期に向けて、すぐ鼻呼吸練習して下さいね♪

鼻呼吸の他に、ヨガによって自律神経が整うこと、食べ物の好みが変化したこと、生活習慣の変化も症状が軽くなった要因でしょうが、とりあえず身近で手っ取り早いのは、鼻呼吸。

花粉症や鼻炎が治るわけではないので、お医者さんの指示に従い薬を服用しながら、ヨガも取り入れてみて下さい。
あくまで、私のケースは、こうだったと言う範囲ですので、体質の違いで効果の出かたは違います。
そして、既に鼻呼吸している花粉症の方、すみませんヨガで自律神経を整えて下さい♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

身体のゆがみ?