掃除や洗濯のマインドへの効果

掃除、洗濯好きですか?

友人と話しをしていて、ヨガ的な発見をしたので、書こうかと思います。
以前、部屋をキレイにすると気持ちや身体も変わるのは何故か?考えてみた。という記事を書いた事があります。
これにプラスアルファな気づきがありました。全ての人に当てはまるわけではないかな?と思いますが、シェアします。

彼女は「習慣になっている掃除洗濯が、私にとっては『瞑想』になっている事に気づいた」と言いました。

毎日バリバリ働いている彼女、家族(猫ちゃん)のお世話もあり、プライベートも忙しい(ヨガスタジオに通ったり、他の趣味も)ので、普段の掃除と洗濯は最低限にとどめ、休日にがっつりとやるスタイルです。
ある時休日に、気は乗らないけど、どうしても外せないお付き合いがあり、お出かけ。お付き合いのストレスと、長時間移動による身体への負担、お天気がずっと悪く寒かった事もあり、身体はあちこち痛いし精神的にも抑うつ状態で、呼吸も苦しいという状態に陥っていまいました。椎間板ヘルニアを持っている彼女は、まず整形外科で薬をもらいました。身体のこわばりを軽減した事で少し呼吸が楽になり、呼吸が楽になれば精神にも効くはずと様子を見たそう(この辺り、流石ヨギーニです)。背中の痛みは薬で良くなったそうですが、胸骨あたりの痛みが残ったまま。ストレスで痛くなる場所です。一応内科へ行ってみたそうですが、筋肉痛と言われたそうです。体調が悪くてヨガにも行けないまま。次の休み、その日はお天気も良く日光を浴びる事で少し気分も好転、習慣になっている掃除と洗濯をしました。
そして気がつくと、思考が整理され、心のモヤモヤが晴れていたそうです。そこから体調も良くなったそうです。
「前から解ってはいたけど身体と心が相互に影響してる事をすごく実感した。そして、習慣の掃除洗濯が、私にとっては『瞑想』になってる事に気づいた」と、話してくれました。
よく、料理や掃除、洗濯が気分転換になるという話しは聞きますが、ここまで効果があるとは。

特に、掃除、片付けるという行為で、頭の中も掃除して片付けているのかしら?と考えずにはいられませんでした。

そして、少し前まではこの「キレイにする」事が「キレイにしておかねばならない」強迫観念だったそうで、ある日「あれ?誰に怒られる事も無いのに、何やってるんだろ?」と気づいたそうで、気づいた途端にその「ねばならない」執着は、手放せたそうです。
『気づき』って大切です。気づかなければ、手放す事もできません。

ヨガのアサナで、まず比較的気づきやすい体からはいって、己を見つめて気づく練習をしていくうちに思考や気持ちの癖にも気づくようになり、不要なものは手放して軽やかになりましょう♡ 『気づきの瞑想』も良いですね〜♡

「気づきの瞑想」を生きる タイで出家した日本人僧の物語 [ プラ・ユキ・ナラテボー ]

価格:1,944円
(2017/11/26 21:36時点)
感想(3件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です